目立ちたがり屋の私が、もう目立つのいいやって思い始めた頃

スポンサーリンク

タイトルが疑わしさ満載のトップ画像でこんにちは、とりっすーです。

トレーニングしてたら少しずつ峰不二子になってきた(つもり)です。

目まぐるしく変化していく環境の中、
最近大きく変わってきたと思うことがあります。

それは
「メディアに出たいと思わなくなった」ことでしょうか。

目立ちたがり屋もいいところの性格で
競技エアロというマイナースポーツに(目立てるからという理由で)勤しみ、

大人数を巻き込むフィットネスの先生業をし、

SNSは「廃人」と呼ばれるにふさわしいレベルで発信をし続ける私がです。

嘘だと思う方、挙手!!!!

東京にいて仕事をしているからには有名講師としてテレビに出て、
全国にひっぱりだこの「何者」かになりたかった。

たぶんこの「何者」かっていうのがキーワード。
別に、これだけで生きていく!と決めてるものはない。

正直、有名になる方法はいくらでもわかっています。
言い続けてやり続ければいつかは必ずそういうことが出来る。

しかし私はここ1年前くらいから、その欲が減退していきました。
その違和感にやっと気づいた。

あんだけ人前に立ってる自分のイメージを描いていたのに、そこに憧れを抱かなくなった。

え、歳…???笑

まあ歳でいうと今もこれからも真っ盛りなので(笑)関係なくガンガン行きたいところ。

理由はたぶん
「自分よりも圧倒的に面白くて賢い人は山ほどいる」
っていうのをダイレクトに感じてるからでしょうか。

編集長としてインタビュー・執筆をしながら、
有名企業の偉い方や優秀なビジネスパーソンの価値観に迫り、情報発信をしています。

20代のリアルアシスト

もうね、これまでに一人で数十名の話を引き出させていただいてますが、
インタビューのたびにいちいち感動してるんですよ。

記事書いてる時も

人ってすげーっ!もうみんな天才っ!日本安泰っ!て思う(ガチ)

もちろん今一緒に仕事してる仲間もみんなすごい。
私なんかと仕事してくれてありがとうって、いつも思ってます。

身近にいる人たちがみんな素敵だから、
もはや私が偉そうにモノを言って、社会をどーこーするよりも、
こういう素敵な人たちを、もっと楽しくしていきたいと思った。

それは別に自分に自信がなくなったとかじゃなくて(私は私で天才だと思ってるとこあるよ❤️笑)
私がやりたい、やるべき、やりがいを確実に感じることがそこだったって感じ。

自分ひとりのプレイヤーとしての価値よりも、
マネージャー的な立ち位置の方が大きい価値を動かせるから、結果的にもっと達成感あるんだな〜って気づき。

だから個人の発信も大声で強いことを発信するよりも、
こうしてブログを見てくださる方に、ありのままを伝えたい。

誰の言うことも聞かない、自分のことは自分で決める」と前の記事で言っていた通り

これからもどんどん変化していく自分の挑戦を
心から大切にしていきますね☺️

その先に「何者」かになってるんじゃないかな〜

今週はスパルタンレース❤️
なんと二カ月で懸垂ができるようになりました!成長!

こころ強い、愉快な仲間たちと遊んできまーす☺️


らぶゆー!

スポンサーリンク