銀座のど真ん中に飲食店2店舗を経営される女性経営者に学んだこと

スポンサーリンク

今日の記事は
美しいものを知った編集長の感想文です。

とりっすーが編集長を務める20代ビジネスパーソンのリアルASSIST

経営者の方の取材は毎回ドキドキですが、

大して実績も何もない普通のエアロビの先生の私でも、取材という名目で
すごい方にお会いできるのは我得でしかないと思っています。

さきほどお伺いさせていただいた取材も、なかなか魂が揺さぶられるものだったので、
記事にする前に、自分の言葉でリアルタイムな感動を記録しておきます。

今日は銀座に飲食店を2店舗経営されてある、女性経営者の取材でした。

お名前は加藤瑛子さん。
株式会社明高社代表取締役で、もともとM&Aアドバイザリー企業と政府系ファンド の秘書をされていた方です。

もうね、経歴もそうですがお美しいのなんのって。

銀座に颯爽と登場なさった時から、もう周りの空気たちが喜んでそうでした。ああ私も空気になりたい←
綺麗な人がさらに素材を生かそうと意識されるから、美は鮮麗されるんだなと。客観的に見惚れてしまった編集長。

今までも素敵な経営者の方にお会いさせていただきましたが、
今宵は瑛子さんの気品と優しく気さくなお人柄に、女性の最高峰を見た気がします。

貴重なお時間をいただき、取材もそれはそれは丁寧に答えてくださいましたが、
店長さんたちに対するコミュニケーションや私に対する気遣い、すべてに愛を感じました。

それもごく自然なのです。

すごいことをされている方だし、もはや見ているだけでもお美しいのに、
その雰囲気を感じさせないような親しみやすさと人間らしさが、ますます魅力に磨きをかけてあるんだなと思いました。

日本の天下一品の地に似合う女性とは、まさにこういう方なのか…(田舎者丸出しな感想)

近年、女性の社会進出云々と言われますが、わたしは男性と同じフィールドで戦う必要はなくて、
賢く女性らしさを活かしていく方が、もっと大きな価値を生み出せると思っていたんです。

その女性らしさを経営に生かすって、なかなかイメージがわかなかったのですが。
瑛子さんにお会いできたことで、何かヒントを得た気がします。

もちろん男性だからとか女性だからとかはないけど、
才能に従って行動した人が、成功への道を辿れるんじゃないかなって。

大人の飲み方をまだよく知らない私に
「銀座の街はお礼の文化が盛んな街」と教えてくださいましたが、
私は今の感謝を、どう返していこうかなと考えていました。

何年後かわからないけど、
いつかは瑛子さんのように、銀座が似合う女性になっていたいですね。

好きな人たちとガヤガヤした中で飲むビールも好きだけどね☺️

瑛子さん、ありがとうございました。記事もお楽しみに!

らぶゆー!

加藤瑛子さんがオーナーをされてあるお店はこちら

・BAR IRIS
東京都中央区銀座8-5-15 SVAX銀座ビル6F
tel: 03-6263-8933

・OSTERIA PIUMA
東京都中央区銀座7-7-14銀座博栄ビル1F
tel: 03-3572-7700

 

 

スポンサーリンク