純度高く生きる。才能を追求する先にあるものは。

スポンサーリンク

「何者かになりたい」というキラキラした思いは
「何者になってどう幸せに生きたいか」という現実的な思いに変わりつつある。

これは落ち着いた証拠なのか、歳をとった証拠なのか。

ある人に「あなたの才能は【癒し】だね」と言われて呆然とした1ヶ月前。

癒しなんて、そんなそんな( ´ ▽ ` )ノあはははー

みんな元気で明るくてストイックな鳥巣愛佳ちゃんを求めてると思っていて、
そういう自分が好きだし、何も不自由はなかった。
むしろそれで私は得しかしてない。うん笑。

だからこそ、それ以外の要素に目を向けられず、
素の自分とはこういうものだと決めつけていたのかもしれない。

「癒しの才能」と、ふいを突かれたような表現に
ちょっとだけ自分の新境地にありつけそうな気がした。

 

というのも、「明るく元気」には反動があることに最近は薄々気づいていたからだ。
気疲れという言葉になるだろうか。
仕事帰りの電車は、虚無という感情が当てはまった。

無理しているつもりはない、仕事は好き、楽しい、体はまだまだ動く。
それにも関わらず、ずしりと感じる疲労感は何なのだろうと思っていた。

 

しばらくの間「私が与えられる癒し」とは何なのだろうと考えることに。
まあ考えてもよくわかんなかったから即、人に聞いたんだけど笑

いろんな人からもらった言葉は、それはそれは愛に溢れていて。
自分が迷ってたり考えている時に、すぐに頼れる人がいることは幸せでしかない。

どうやら皆無だと思い込んでいた私の癒し要素は、
誰かにとってはしっかりと機能してくれていたことに気づいた。

 

意図していないところで思ってもみない力が出せる。
これが才能なんだと思う。

まあ仮に私に癒しの才能があったとして、
それはどう生きるのに生かされて、どんな人のためになれるのだろうか。

そもそも誰かを癒してあげようだなんて私が思うことは、上から目線だと思っている。
「何かをしてあげたい」という思いはエゴであることも学んできた。

じゃあどう生きればいい?

 

私はずっと小さい頃から、応援してくれる人が必ずいた。
このブログを読んで下さってるみなさんもそうだ。

特に有益な情報を与えているわけでもない、お金を投資しているわけでもない(むしろ頂いてます)、成功者でもなければモデルほどの美貌で影響力があるわけでもない。

それでもいつだって私が愛して頂ける存在であったのは、
きっと「純度の高さ」かもしれない。

好きなものにひたすらまっすぐに思いを馳せ、のめり込む。
その思いを表現し伝えることには長けていた。メディアでもリアルでも。運良くその方法を知れたから。

 

だからまた、こうしてブログを書くことにした。

稼ぐ方法もフォロワーの増やし方もブランディングも学んできた。
でも結局戻ってくるのは「自分自身」だったりする。

毎日毎日、伝えたいことがいっぱいある。
楽しいことも学びも、0.2割くらいの悩みも。

私が今まで通り純度高く生きることで、誰かに何かを伝えられるのならそれは最高に幸せかも😊

やっぱりブログ楽しい〜❤️

らぶゆー!!

スポンサーリンク