プロフィール

編集長とフィットネス講師、とりっすーこと鳥巣愛佳のプロフィールです。

踊るのが大好きな田舎娘が上京し、フィットネス講師になるまで

小学2年性の頃にアイドルに憧れて田舎のダンス教室に通いはじめました。
踊りが楽しくて仕方がなく、そのほぼ同時期にエアロビクスにも出会い体を動かすことが大好きに。

初めて間もない頃、エアロビクスの競技会に出たことがきっかけで
ダンスと両立させながら、表現スポーツであるエアロビックの世界に入りました。

高校でも福岡県内の進学校に通いながら選手活動を続けます。
専門のコーチはいなかったので、ほぼ独学で練習に励んでいました。

高校年3生の8月に東京という場所に無限の可能性を感じて、上京を決意。
当時は地元の私立大学に進学する予定だったので、両親の反対を押し切っての選択でした。

早稲田大学商学部へ入学、華やかなキャンパスライフをスタート

競技エアロビックも変わらず個人で活動しながら競技会に出場。
練習場所の確保が困難かつ、お金もなかったので一人で都会の公園で練習する日々でした。

間違った追い込み方をして怪我も絶えませんでしたが、文字通り必死に練習。

学生生活は教職課程を履修していたため勉強の量も多かったものの、
インストラクターの資格を取るためにホテルでウエイトレスのアルバイトもしていました。

資格を取った後はエアロビックの選手兼コーチとしての活動をはじめます。
就職活動のために最後だと決めて臨んだ競技シーズンは、夢だった東京都代表となり世界大会にも出場しました。

すべてのスタートを切り出した、偶然の出会い。

競技生活に一旦幕を下ろした直後、スポーツビジネスで起業している学生と偶然出会いました。
学生ながら自分の好きなスポーツを、ビジネスとして多くの方に価値を与えている姿に影響を受けてしまいます。

自分もなんらかの形でエアロビクスに貢献したいと思い、
競技会で知り合った他大学の仲間に声をかけ、学生向けのエアロビクスイベントの企画・運営を始めます。

学生団体を立ち上げもっと規模を拡大していこうと思った頃に、幹部メンバー全員に脱退される悲劇。
自己責任とマネジメント力のなさに、かなりショックを受けます。

団体やリーダーという言葉が心から苦手なりました。

その傍で大学の仲間と結成していた、初心者を集めたエアロビクスユニット「早稲女のエアロビックSEIZE」
は結成2ヶ月でインカレ5位入賞。
個人でも競技復帰し、再び全国の頂点に立ちました。

踊ることへの愛は尽きず、そういった活動を通してメンバーの頑張りに感動し、
多くの人に届くように情報発信したいと思いブログを開始します。

たった一言がきっかけで卒業→独立へ

始めは大手の会社に勤めるつもりで就活をしていましたが、独立を夢見て30名規模のITベンチャーへ内定、
インターンシップでウェブコンサルと営業を経験しました。

しかし「あなたは影響力を持って好きなことをやった方がいい」
という大学で出会った恩師の一言で就職しないことを決意。大学卒業3ヶ月前のことでした。

そこから新卒でフリーランスとして活動し始めます。

卒業後半年間はスタートアップでのメディアの勉強と、こども向けのレッスンをしながら
エアロビクスインストラクターの養成スクールに通いました。

卒業半年後に、本格的にフリーランスのフィットネストレーナーとして活動していくようになりました。

フィットネスを伝える側にも関わらず…人生の分岐点となった苦悩

好きなことを仕事にして2年ほど経った頃、原因不明の病気になってしまいます。
突然の腰痛、股関節痛、止まらない吐き気、胃やそのほか腹部の激しい痛み…

仕事(レッスン)にいくのでさえ辛くて、移動中の駅の構内でうずくまり死に物狂いでスタジオに向かい、
お客様に悟られないように笑顔でレッスン。動くたびにお腹に激痛が走るのをトークでカバーしていました。

無事に終わると、しばらく立ち上がれないほど辛い。

仕事の合間を塗って何度も病院に通い検査を受けるも、すべて異常なし。
原因がわからない恐怖と、レッスンができないことが信頼も収入もなくなる恐怖を味わいます。

結果2ヶ月の間、原因不明の痛みに耐え続けていました。

「フィットネス従事者にも関わらず、自分が不健康だなんて最悪だ」

何もかもが自己嫌悪になり、体が動かなければ仕事すらできない状況で、フリーランスとしての生活も諦めて、どこかの会社に就職しようとも考えた時期もありました。

心が変われば体が変わる、人生が変わるを実感。

2ヶ月の原因不明の病気を経て、メンターや信頼できる仲間や友人の存在、お客様の温かさに気づけたことで
心身ともにすっかり元気になりました。

原因は結局よくわからないのですが。
突き詰めれば突き詰めるほど、メンタルの問題だと気づきます。

自律神経の乱れが原因と何度も病院に言われたこともあり、メンタルや体の勉強にさらに勤しむようになりました。

心持ち次第で、いくらでも健康になるし綺麗になるし、行動は変えられます。
行動が変わってくると人生がより楽しくなっていきました。

ウェブマガジン「アシスト」の編集長へ、自らが新しい働き方のロールモデルへ

フィットネス講師をしながら、このブログをはじめ複数のメディアの運営に携わりひと段落した頃、
トレーナーのつながりで仲良くなった仲間と一緒にウェブマガジン「アシスト」を立ち上げました。

テーマは「新しい働き方」20代のキャリア思考の高いビジネスパーソンのインタビューマガジンです。
一から仕組みを作り、編集長という肩書きを背負って、ひと記事ひと記事を丁寧に作っています。

優秀なビジネスパーソンの価値観に触れることで、刺激を受けているのは私自身かもしれません。
それくらい大好きな仕事に出会えました。

編集というスキルが磨かれて、メディアの知名度が上がってくると、法人の広報やPRの仕事も担当させていただけるようになりました。

今後も編集長・フィットネス講師という二足のわらじから可能性をさらに広げていきます。

私自身が楽しいワークライフを送ることで、「好きなことで生きていく」ロールモデルになり、
フィットネスを通して人生が楽しくなる人たちを増やしていけるよう精進します。

2019.04.05

LINE@でヘルシービューティな情報配信中!

友だち追加